TOP

白峰宇宙と申します。

しろみね そら と読みます。

しらみね と読んでもらっても構いません。

 

普段は役割論理だったりそうでなかったり、

ダブルだったりアマカジを使ってたりします。

 こちらの方ではインターネット大会以外の構築、

及び色々書きたいことを書きます。

(インターネット大会の構築はニコニコの方に)

 

思いつきなので続くとは()

ツイッター @shiromine_sora

コミュニティ http://com.nicovideo.jp/community/co3528622

GSダブルの草タイプについて

こういう意見はたくさんあっても困らないと思うので自分の意見を落としておきます。あくまで自分はこう思うというのと、メモ代わり。

メモ代わりなので範囲が広め

 

1.フシギバナ

使うならグラードンと組ませる葉緑素一択か。

無振りゼルネに対するヘド爆が臆病眼鏡で81%、控えめ珠が68%の乱数1発、グラードンに対してはソーラービームであれば臆病持ち物なしでも確定1発、パワーウィップだと意地っ張り珠で56%の乱数1発かつB振りゼルネが12%の乱数2発なので、使うなら特殊か。無振りカイオーガへの打点はウィップの方があるとはいえ、無振りオーガであれば臆病珠リフストで消し飛ぶため、威嚇を食らう可能性のある物理の有用性は低め。

 

2.カントーナッシー

グラードンと組ませられる重力葉緑素。催眠術もできる。

フシギバナよりも打点が高いが、素早さが怪しい(最速晴れ下で234)。スキルスワップもあるため天候の取り合いに強めかもしれない。

 

3.ワタッコ

サポート寄りの葉緑素ポケ。割と強いということだけは聞いてるけど何をするのかは把握していない。

 

4.ルンパッパ

カイオーガメタ要員兼カイオーガのお供。ガオガエンに打点のある草タイプ。オーガと組ませない場合は、ガオガエンを呼びたくないオーガ対策としての採用になるか。

 

5.ダーテング

草タイプに強い草タイプ。ナット以外には暴風、ナットには気合い玉で対応(当たるとは言ってない)でき、猫騙しと追い風も兼ね備えていて、ゼルネの上から叩きを打てたり、イカサマやこご風、バークアウトやふきとばしを覚えたりもする。何こいつ絶対技スぺ足りんやん。ただし耐久が足りているとはいってない。計算してないですが。

耐久が足りるなら面白そうですね。

 

6.チェリム

フラワーギフトマン。1回グラードンと組ませてみてほしい。

常にグラードンに鉢巻とチョッキが渡されているのに技が自由に選べる。そこに癒しの波動や手助けを入れることができたり、甘い香りで断崖の命中を上げることもできる。

天候を取らなくてはいけないというのと、グラードンを通さなきゃいけないというのはあるが、意地っ張り持ち物なし断崖にフラワーギフトと手助けを乗せると無振りグラードンが消し飛ぶ威力になるので、グラードン1匹で十分ぶっぱすることができる。

素の数値が普段より高いのと、GSダブルは禁伝で押していくルールという印象がある(サンシリーズは割と一般ポケモンが強いが)ので、普段のダブルバトルよりもチェリムを採用しやすいルールなのではないだろうか。天候を取らなくてはいけないのが少し面倒だが。

 

7.ユキノオー

環境にはいるけど吹雪ぶっぱ用の天候要員という印象が強いので草タイプという感じはしない。が、オーガルンパに対してタイプ的にも強く、天候も取れるというのは中々いいのではないだろうか。こいつも草タイプに強い草タイプ。

ただしガオガエンをめちゃくちゃ呼ぶだろうと思うので、ガオガエンを呼んでも大丈夫なパーティでの採用になりそう。

 

8.エルフーン

草タイプというよりかはいつもの強そうな補助枠という感じなので割愛。

暴風を覚えさせたアタッカー寄りの採用でも面白そうだが、こいつもガオガエンを呼ぶ。草タイプなんだから仕方ないけども。

 

9.ドレディア

葉緑素お先にどうぞ。噴火・・・もそれなりのダメージになるが、グラードンの場合は断崖も火力になるという点が採用理由になるか。

 まぁドレディアコータスの時のとさほど型は変わらないと思われる。眠り粉はやめてください。

 

10.モロバレル

草枠というよりかはトリル対策枠。こいつを入れたからと言って他に草タイプがいらないかと言われるとそういうわけではない。無難に強いが。

 

11.ナットレイ

ガオガエンを呼ぶ系オーガゼルネ対策。カミツルギと違うのは、

・トリル下で動かせる

・半減でゴり押すというのが難しいため、相手の禁伝枠がこいつに弱い場合はこいつに強いポケモンが出てくる(主にガオガエン)

グラードンの上を取れないのでグラードンにはそこまで強くない

この3点。個人的に注目すべきは2点目の、ガオガエンを呼ぶという点だと思う。オーガゼルネを少し触ったが、ナットを見たら、ガオガエンを投げるかナットを切るかという選択肢を迫られ、結構厳しかったように思った。

まぁ強者がそんなパーティを使うのかはわからないが。

 

12.ビリジオン

大体の禁伝の上から(袋叩きと組ませると)ぶっぱできる草タイプ。

テラキオンとの差別化点は優秀な耐性。テラキオンに慣れていると火力が物足りないと感じる点は注意が必要だったりするが、このルールの場合はこいつで荒らした後に禁伝を出せるので問題ないか。

袋叩きなしだと他の草タイプの方が強そう。

 

13.ラランテス

ガオガエンに打点がある系草タイプ。ガオガエンに強いわけではない点には注意が必要か。特性天邪鬼からリフストや馬鹿力が使えるが、A105、C80なので火力は微妙。一応威嚇が入ればガオガエンは1撃で倒せるが、種族値的にはガオガエンよりも遅いので色々と注意が必要なポケモンのように思える。

 

13.5.アマカジ

この環境下で動かすならスイートベール@手助けがむしゃらフェイント@1しかない。無理。

 

14.アマージョ

ガオガエンが多い=猫だましが飛んできやすいなので、先制技を封じれるというのはそれだけで存在価値がある。意外と先制技が飛んでくるのは知らない。あと格闘技があるのでガオガエンに打点がある。威嚇込みだと全然足りないので、Z技が解禁してからが本番か。とはいえカイオーガ対策という草タイプの役割は十分にこなせる。ウィップ外しは知らない。

 

15.シルヴァディ(草)

使うなら何タイプがいいんですかねこいつ()カイオーガのことを考えると草タイプがパーティに欲しくなるとはいえ、優秀な草ポケモンがいないわけではないのでわざわざこいつを草タイプとして使わなくてもいい気はする。

 

 16.ダダリン

トリル化で動けるサイドチェンジャー。オーガ・ネクロ・ゼルネへの打点を一致で持てるため、技範囲だけは優秀。耐性はそこまで。猫騙しの効かないトリルアタッカーの草タイプといったところか。

 

17.カプ・ブルル

鉢巻フィールドウドハンでB振りゼルネをゴり押せる系草枠。ただし持たせたいのはスカーフ。まぁそれでも半分は入るので問題ないか。

全国ダブルと違って、グラスフィールドで軽減できる地面技はあまり飛んでこない。

ちなみにHDにある程度厚く降るとグラードンの補正なし晴れ噴火をダブルダメで耐えたり、補正なし晴れ炎パンを耐えたりする。けど火力が落ちてしまうのでそんな振り方をするとは言ってない。

 

18.カミツルギ

オーガゼルネグラードン絶対許さないマン。追い風が貼れるのは優秀。

オーガゼルネに対してはタイプ上は有利だが、いかんせん特殊方面が柔らかすぎるのですぐゴり押されてしまうのがナットレイと違うところ。

上手く上から殴れる状況を整えてやりたい。

 

 

以上、個人的に気になった草タイプ18匹。何体か使わないだろうな・・・というのも混ざってる(主にシルヴァディのこと)が、この辺のはそれなり(以上)にやれるのではと思う。




 

GSダブル サンシリーズ体験記その2

暇なので書きたいことを書く。

軽いメモ程度…?


1.QRパーティ

同じQRパーティというのが増え始めた印象。よく当たるのは、

「オーガ日食ネクロコケコテテフバレルガエン」の、トリルパーティ。テテフネクロの並びでフィールドフォトンゲイザーを通したり、眼鏡テテフを通してきたりする。オーガは確か鉄球じゃない。


あとは 「オーガルナアーラガエンコケコルンパナット」のやつ(複数あるけど)。眼鏡ルナアーラのやつをそこそこ見た記憶。ルナアーラはガエンの叩き落とすが乱数1発なので恐らく耐久無振り(っていうとみんな耐久振るのでは)。


2.オーガルンパ

やけに多い。オーガ使ってる人はみんな使ってるのではってくらい見る。持ち物は大体襷の印象。たまーに珠を見かけたかなってレベル。ルンパ以外のすいすいポケは今のところ見てない。


3.ナットレイ

めちゃくちゃいる。他の草枠も見るけど、ゼルネオーガでゴリ押しきれないナットレイが一番厄介だなと思った。

そうなるとナットの強みとしては、ゼルネオーガに強いというのは当然だが、それ以上にナットに打点を持ってるやつが少ないこと、イコール、「ガオガエンの選出誘導を掛けられること」が挙げられると思う。ほとんどのパーティにガオガエンが入っているように思うので、ナットへの打点がないパーティというのは少ないが、ガエンしかナットへの打点がないパーティというのは多いと思うので、ガエンを誘導して雨とかで吹っ飛ばすというのが楽にできると思う。

…ので、禁伝枠とかでナットへの打点を用意してる人は上手いなぁって思った(感想)


4.ゼクロムが強い

ちょくちょくゼクロムを見るなぁって思ったら追い風とか打たれて「はぁ!?」ってなった(知らない)。実際オーガ対策としては優秀な所があると思う。

ただしこいつもナットへの打点はない。めざ炎…じゃ足りないだろうし、気合玉…ナット意識の気合玉採用はないなぁ……。


5.追い風

見るようにはなってきた。主な追い風要員は、クロバ・ルナアーラゼクロムイベルタルくらいか。


段々環境が変わっていきそうで、わくわくしてきますね。ずっとサンシリーズやってくれ(無理)。7世代感を出すならせめてムーンシリーズまでで止めてくれ()



GSダブル サンシリーズ体験記その1

シーズン12(だっけ?)からwcsレートのルールが2019年のものとなり、しばらく(いつまでか忘れた)はサンシリーズ(メガ・Z・ゲンシカイキなし)での対戦となるため、早速潜ってみた。


1.明らかにガオガエンが多い

オーガメタの草枠に通るからか、明らかにガオガエンが多い。いやまぁ全国ダブルにもいっぱいいるけども。

やはり猫と威嚇のできる炎枠は優秀すぎか。カポエラーはどこへ行ってしまったのか……


2.三竦み

ゼルネ→イベルタル→日食ネクロ・ソルガレオ→ゼルネ

の三竦みが予想されていたと思うが、実際そんな感じ。オーガ+三竦みの中から1匹というパーティが多め。割合としては若干イベルタルが少ないかな?と思う程度で、どれもそれなりにいる。

あとテテフ+日食ネクロorソルガレオの、テテフグロスみたいなのがいたし、弱保持ってるしで、「アローラダブルのグロスじゃん」、「トリルのできるテテフグロスじゃん」みたいなことを言っていた。そのうちマンダと組み始めて地ならしでもするのだろうか(地ならしマンダはそこそこいるらしいけど)


3.カイオーガ

スカーフが多めだが、スカーフ一択ではない。臆病スカーフ・控えめスカーフ・シード・半分実・鉄球くらいは当たった記憶がある。あとコケコの持ち物なし雷は耐えてくる。めちゃくちゃめんどくさい。


4.一般ポケモン

割と一般ポケモンが強い印象。メガとゲンシカイキがない分6世代GSよりかはパワーが落ちてるからか。なのでサポートに徹するポケモンでなくても、ツルギナットのような草枠やテテフコケコのような(イベルタルを見れる)カプ系(って言ってもレヒレは見ないが)、安定のガオガエンみたいな、殴れる一般ポケモンも全然活躍すると思った。

一般ポケモン(準伝ばっか)


5.S操作

ネクロズマのトリルが強いのもあって、トリパはそこそこみる。追い風はないのか打たれてないだけなのかはわからないが見ないことが多いので、S操作がないパーティが割と多い。ガオガエンがいるから猫騙しはいるけど。ルナアーライベルタルの追い風も見ないわけではないが、そこまで打ってくる印象はなかった。もちろん打ってないだけの可能性はあるが。


とりあえずこのくらいで。

第一回とべとべモクロー杯

とべとべモクロー | ポケモンだいすきクラブ

 

みなさんはとべとべモクローというゲームを知っていますか?

一応公式のものになるのですが。

このゲームには中々の競技性があると思うんですよ。モクローをどれだけ遠くまで飛ばせるか というゲームですからね。

ということで、「とべとべモクロー杯」という、とべとべモクローを用いたポケモン対戦の大会(?)を開催しようと思います

 

f:id:shiromine_sora:20180715034517j:plain

【ルール】

・対戦前に「とべとべモクロー」を1回行う。その結果は運営のみに伝える。(主催者のツイッターのDMに送るなど)

モクローを遠くまで飛ばした人が「実際に対戦するルールを指定する」

指定できる対戦ルールは

・XYでの対戦

オメガルビーアルファサファイアでの対戦

・サンムーンでの対戦

・ウルトラサンムーンでの対戦

・過去に行われたインターネット大会ルール

※ただし5世代以前のルールを再現する場合は対戦相手の了承を得ること

・とべとべモクロー

・ようこそ!アマカ島というゲームの「GOGO!キャタピー」(対戦相手が了承した場合のみ)

注意: お互いが持っているロムで再現できるルールを指定すること。

また、ORASしか持ってない人 VS . USMしか持ってない人というような対戦カードになってしまった場合は再度とべとべモクローを行い、それで勝敗を決める。

・対戦後はBVは保存すること。対戦数が多い場合全て見ることはできませんが、いくつかは見ようと思っています(主催が運営に専念する場合)。なので対戦後に面白い対戦だった、面白いルールだったなどの対戦の場合はBVをニコニコ生放送でコメントしてくれると嬉しいです。

 

 

【参加資格】

1.とべとべモクローができる環境である

2.ポケットモンスターXY~USMのロムをどれか一つでも持っている

3.ネット対戦ができる

4.モクローを飛ばしたい

 

【参加方法】

ツイッターでのこの記事のツイートにリプ・この記事にコメント・主催者にDMなど、主催者のわかるところへの反応でお願いします。その際に必ず、コテハンがわかるように参加表明をしてください。 

 

【参加申請時期】

この記事が公開されてから開始時間まで。

進行に影響のない範囲の遅刻は認めますが、できれば15分前くらいまでにはお願いします。

 

【日程】

7月26日木曜日 22時00分 

 

6世代で対戦する場合と同じ条件にしたいため、QRパーティの使用は禁止としますが、個体の貸し借りはありですので、このルールになったはいいけど個体がないという場合は知り合いなり対戦相手以外の参加者なりへどうぞ。

 

【結果】

ごまあぶらさん対アインズさん

飛距離 8208m 3823m

対戦ルール クリスマスカップ(ダブル64 重複以外の使用ポケモンの制限なし)

勝者 アインズ

 

ごまあぶらさん対白峰宇宙

飛距離 20902m 22974m

対戦ルール カロスクラシック(カロス図鑑のポケモンのみのシングル63)

勝者 白峰宇宙

 

白峰宇宙対アインズ

飛距離 9780m 4771m

対戦ルール ORAS全国ダブル

勝者 アインズ

 

 

 第二回もそのうち開催します。

 

主催 白峰宇宙(@shiromine_sora)

 

 

もしドラ杯の裏話的な何かその5 VSロヒトさん

 

最終決戦、ロヒトさん戦の裏話的な記事になります。勇者アマカジVS魔王ロヒト、いかがでしたでしょうか?読みこそ浅かったというか、そこまで合ってなかった気はしますが、いい方向に外れてくれたかなと思っています。絶対に追い風ラティの方が辛かったと思います。トリルが切れなかったから採用できなかったとかですかね?考察段階ではそういうことには全く気付いていませんでしたが、もしそうならあの置物は本当に幸運の置物って感じですね。

 

さて、ロヒトさん戦ですが、動画を見ればわかると思いますが、今回だけは自由枠の予想が全くできませんでした。まぁ今までも予想通りだったかと言われると・・・2戦目と3戦目くらいですかね。ですが今回は予想すらって感じでしたね。自由枠予想の範囲が広かったですからね。パートナーズ5匹のパワーが強すぎるせいで絞り切れないんですよね。相手からするとジャラランガが重かったりズガドーンが重かったりというのはわかりますし、それらを上から叩けるラティオスというのは理にかなってるなとは思いましたけど、それ一択かと言われるとうーんって感じですね。ラティオスも候補には入ってましたからね。

とにかく、この対戦の考察が一番大変でした。ジャラランガを通せば勝てるっていうのはすぐ思いましたけど、じゃあどうやって通すの?っていうのがありました。結論はスカーフテテフ意識でスカーフツルギになりましたが、鉄球バースト入れたトリルクチートとか、単純にコケコを投げるとか、そういったことも考えてました。

 

対戦内容について少し。相手視点はともかく、こちら視点としては色々難しかった展開でしたね。

初手のねこだましの方向は、どちらでもそこまできつくはなかったと思いますが、展開は大きく変わっていたでしょうね。もしツルギ方向猫だったらという話は複雑すぎてここではできなさそうですね・・・。

あとは最後の方の場面ですかね。ジャラランガ守るとかあの辺の場面。あの場面については択だと思ってます。こちら視点からするとそもそも襷を読まないといけないですし、襷を読んでもカミツルギを殴るかどうかの択もありますし。テテフに関しては上から縛られているので、要は襷かどうかと、ラティがどちらを殴ってくるのかですね。ジャラランガ方向なら守る、そうでないなら動かす。正直ラティオスの襷も可能性があるというだけでZも見えてませんでしたし、襷でなければ上から殴って勝ちという場面で襷を読んで守らせるのはすごく怖かったですね。あれは通って本当によかった・・・。

その後にガルーラ方向にインファを打ってないのは単純にプレミですね。そのあたりは色々考えたうえであの行動を取っているのでまだまだですね。

 

さて、それではコメントに触れていきましょうか。

 

・自由枠だから活躍するのかどうかが怪しそう

一体自由枠を何だと思ってるんだ。自由枠が通らなかったらここまで来れてないよなぁ!?ないよ・・な?

 

アマカジのフェイントなくなるのはでかい()

アマカジからフェイントを取ったら何も残らないですからね・・・。

 

アマカジ降臨の予感

・まさかのアマカジの出番

正直そのくらいラティオスの追い風展開がやばかったです。結果としては襷でしたし、追い風もありませんでしたけど。やはり出さないアマカジは強い

 

・ガルーラの岩技って親子愛考慮すると岩石封じしかないのでは

岩石封じがあり得ないとは言ってない

 

・・・まぁコメント返ししますし、このくらいでいいかな・・。

 

さて、決勝の話をしているということで、もしドラ杯の方は終了したということですが、いかがでしたでしょうか?自分は楽しかったですし、自分の動画を見てくれた人が楽しかったと思ってくれたら嬉しいですし、他の人の視点しか見てなくても楽しかったと思ってくれていたら何よりです。

 

 

f:id:shiromine_sora:20180713021952j:plain

 

【S10ダブル使用構築】イカツンデバースト(最高1864 最終1734)

f:id:shiromine_sora:20180710151734p:plain

 

皆さんこんにちは、白峰宇宙です。

ウルトラサンムーンではずっと(4シーズンの間?)ツンデマルバーストクチートコータスを使っていましたが、ようやく、自身初となる1800を達成し、1864まで行けたので書こうかなと思いました。前に書いたものとほとんど同じなので悩みましたが、いろいろ書きたいなと思ったので。

シングルよりダブルのほうが最高レートが高いシングル上がりの総合勢になってしまった

 

shiromine-sora.hatenablog.com

shiromine-sora.hatenablog.com

 

これらと一緒ですけど、一区切りということで色々書いていきましょうか。

 

 

f:id:shiromine_sora:20180124164412p:plain



ズガドーン弱点保険 ビーストブースト 冷静
159-x-73-223-101-100(最遅)
火炎放射・シャドーボール・ビックリヘッド・守る

いつもの最遅バースト。序盤こそ地ならしで弱保展開してぶっぱしていたものの、今ではガチトリルに対して上から殴ったり、相手の低火力弱点技を受けて弱保を発動させたりという、なんとも悲しい扱いになってしまった置物。全部カラマネロが悪い。ツンデマルマネロクチートって投げ方が安定になってますからね・・・。

ガチトリルに対して強く出ていけるのと、相手からすると速く見えるから色々警戒させられるのは面白いと思いました。あとは唯一といってもいいモロバレル対策(なおオッカのみ)

 

 

f:id:shiromine_sora:20180124164405p:plain



ツンデツンデ@シュカ ビーストブースト 勇敢
167-174-232-x-146-16(最遅)
ジャイロボール・岩雪崩・トリックルーム・守る

ガルドの霊Z耐えの普通のツンデ。持ち物はシュカのみで落ち着きました。ほかの候補としてはヨプ・襷・挑発意識のメンハor超Z(このパーティはZクリスタル持ちがいないので)辺りが考えられると思いますが、トリルを貼るということに着目するのであればシュカに軍配が上がると思っています。ランドの地面Zレベルの技は落ちてしまいますが、基本的に飛んでくる技は地面技だったので。もちろんシュカがなくても耐える技や場面も多々ありますが、襷と違って猫だまし圏内にならないので襷でなくていいと思います。テテフグロスの集中攻撃なんかも(格闘技が飛んでこなければ)耐えますからね。ただしアムハングロス・・・はともかく格闘Zテテフ、てめーはだめだ。

 

 

f:id:shiromine_sora:20180124164430p:plain



メガクチート 威嚇→力持ち 意地っ張り
HAぶっぱ
じゃれつく・いわなだれ・不意打ち・剣の舞

 

自分は剣舞のないクチートは使えないので、守るを切って剣舞を入れてます。

剣舞に関しては、

・トリル最終ターンに両守る読みで打って不意打ちで縛りに行く

・↑の場面以外での守る読み

・積むことでレヒレを縛ったり雪崩の制圧力を上げたりする

負け濃厚な場面をひっくり返すための最後の手段

みたいな場面で使うことが多いです。守る読み剣舞と、不利な状況からひっくり返すための剣舞が決まった瞬間が楽しくてやめられないですね。

カラマネロがいるので自己暗示なんかも面白そうですが、剣舞と違って自己暗示は自分の有利な状況をさらに広げるだけ(太鼓暗示が近いか?)なので、採用理由が変わってきそうですね。

岩雪崩に関してはガオガエン意識ですね。威嚇ガエンを許すな

 

f:id:shiromine_sora:20180124164438p:plain



コータス@ウイ 日照り 冷静
HCぶっぱ
噴火・放射・地ならし・守る

炎Zコータスも少しだけ使いましたけど結局これに落ち着きました。レートが上がるにつれてワイドガードを見ないような気がしたので放射の枠は熱風でもよさそうですけど、コータスの選出率がそこまで高くないから打たれる場面が少ないだけかもしれないですね。

地ならしはパーティの軸だからずっと採用してますけど、ほとんど使わない(一応カラマネロを巻き込める)ので、絶対違う技の方が強いですね。ソラビとかソラビとかソラビとか(トリトドン重たい)。

最初にコータスを使い始めたときは木炭だったので、噴火の火力低いなぁと思いながら使ってました。

 

f:id:shiromine_sora:20180515201333p:plain

カラマネロ@バンジ 天邪鬼 意地っ張り 

HAぶっぱ
馬鹿力・はたきおとす・トリックルーム・守る

トリルを貼りつつ自身もトリルエースになれるポケモンはツンデだけではない、このポケモンもそうなんですよ。そしてガオガエンに強い(PGLの倒したポケモンのランキングの1位がガオガエン)。素早さがちょっと微妙ですけどね。基本的にはガオガエンの上を取っているのでトリル前に上から馬鹿力で(威嚇込みで80%くらいで)処理できますが、たまーに上から蜻蛉されるんですよね。ガオガエンに威嚇を入れていれば一応耐えますけどね。

ツンデマルにおけるカラマネロというのは個人的には革新的だと思ってます。どうしてもガエンランドを呼ぶと思うんですけど、それらに対してただただアドを取れる上に、特に重たいガオガエンを難なく処理できてトリルも貼れますからね、すごく優秀だと思います。ミロカロスとかを採用してしまうとおそらく警戒されてしまいますし、このポケモンがちょうどいいと思ってます。実際ガオガエン入りのパーティ相手だとほとんどの対戦でガオガエンが出てきますし、ランドも結構呼ぶんですよね。そこまで選出抑制をしたいわけでもないので出てきてもらっていいんですけどね。

あと、馬鹿力積んだ後に相手に威嚇を入れた際の耐久がやばいですね。普通にこいつ1匹で詰ませた対戦とかもあります。1回積んでしまえば威嚇を入れやすいダブルだと特殊がいないと中々止まらないですね。

問題はフェアリー環境であるということ、特にコケコレヒレテテフ辺りだと思いますが、テテフは(格闘Zでなければ)ツンデで問題なく、持ち物なしコケコのダブルダメマジシャやよくいるあまり火力のないレヒレムーンフォースは耐えます。トリルさえ展開してしまえはデマルと合わせることで特に苦労もなくこれらを突破できます(半分回復実レヒレは他のポケモンで対処するかエスパー技仕込むかしてください)。そういう意味でも、ツンデマルにおけるカラマネロは革新的だと思いませんか?

 

f:id:shiromine_sora:20180124164538p:plain



トゲデマル@きのみジュース 頑丈 Lv1
ステータス面は誤差なので省略
ねこだまし・がむしゃら・ニードルガードめざめるパワー岩

弱保起動要員がコータスだけだと心細いので、選出率が高く火力の低いトゲデマルにもその役を担ってもらおうと思い、めざ岩を採用しました(頂きもの)。でもバーストの選出率低いから必要ないではって?いやいや、この技はそれ専用ではないんですよ。

何が違うのかというと、今まで使っていた手助け個体と違って2ターン目以降もがむしゃら以外で殴れる。これによりミミッキュの首を折ってツンデのジャイロで倒すという動きや、クチートの不意打ち択をしてる横で相手に負荷を掛けられる動きや、がむしゃらめざ岩で相手のポケモンを倒すという動きができるようになります。

この個体を使い始めたのは最終日の2.3日前なので対戦数がそこまで多くないですが、リザードンYをめざ岩で倒したり(がむしゃら後でも乱数2発必要)、ミミッキュの首を折るという活躍をしてくれました。バーストには一度も打ってません。

 

トリル下でのレベル1トゲデマルというのはすごい強いポケモンなのですが、守る択がたくさん発生したり、きのみで回復されるせいでそのターン中に倒せなかったりという場面が少なからず発生したりします。それでもめちゃくちゃ強いんですけどね。

ツンデマネロの並びで馬鹿力を積んでいくのもなかなか強かったです。

 

 

まとめ

1864まで行けたのは良かったですが、ここまできたら1900乗せたかったというのはありますね・・・。とはいえ自身の最高レートを100近く更新できたので一応満足はしています。1800に乗った時点で潜るかどうか悩んでいたのですが、最終的に溶けてしまったものの、潜ってよかったなと思ってます(代わりにシングルが死んだ)。

 

最初にも書きましたが、長い間このパーティを使っていたのでここで一旦区切って、違うパーティに触れていきたいなと思ってます。目指せ1900