TOP

白峰宇宙と申します。

しろみね そら と読みます。

しらみね と読んでもらっても構いません。

 

普段は役割論理だったりそうでなかったり、

ダブルだったりアマカジを使ってたりします。

 こちらの方ではインターネット大会以外の構築、

及び色々書きたいことを書きます。

(インターネット大会の構築はニコニコの方に)

 

思いつきなので続くとは()

ツイッター @shiromine_sora

コミュニティ http://com.nicovideo.jp/community/co3528622

サンムーンまとめやつ

自分のメモ用…になるんですかね?サンムーン環境からウルトラサンムーンへと変わるということで、まとめておこうと思います。


シーズン1 最高レート1700ちょっと


バンク解禁前。コケコが多かった時期と記憶してますが、地面枠としてアローラダグトリオを採用していた時期ですね。電気枠とテテフを見つつ、ミミッキュにも打点がある優秀なポケモンでした。耐久なくて何度か驚いたのはいい思い出

ヤーティではペリブルルジバコカグヤ@2を使ってました。バンク解禁前のヤリッパー入りヤーティはこれが完成形だと思ってますが、@2組むのは難しかったですね…。

あと、アローラビギニングというインターネット大会で(Aダグトリオ入りで)1700行けたのはいい思い出ですね。


シーズン2 全ルール1700&シングル1824(SM最高)


サンムーン環境下での最高レートを出したシーズン。正直1800に関してはORASで達成している上、最高が1895だったので1900を目指していたのですが…。

この時期からしばらくはヤーティから離れなくなり、「異教徒パってどうやって組むんだ…?」などと言っていた記憶があります。ということで、ヤリッパー入りで1824ですね。一応前作通して、ヤーティではこれが最高レートとなります。

あとは他ルールも全て1700に乗せたシーズンでもあり、普段はそこまで対戦数を稼がない(500戦くらい?)自分がいつもの倍以上対戦したシーズンになってます。スペレをアマカジ入り(選出したとは言ってない)で1700達成したのはいい思い出。

あとはINCで1700達成しましたね。wcsはパーティ組めないとか言っていた自分が、自分でパーティを組んでこのレートまで行けたのは嬉しかったです


シーズン3  最高レート1777


開始3週間でこのレートまで行って、あとは終盤に上げようと思って大爆死したやつ。使用ヤーティはペリナットサンダーランドバンギドランのメガなしヤーティ(バンギはメガではない)そういえば7世代ではヤーティにメガ進化ポケモンを入れることはなかったですね…あ、でも メガラグは使いましたね。

このヤーティよりシーズン2の ペリブルルカグヤガルドヤラミロイドの方がレート高いのおかしくないですか…?

INC2回目もこの時期だったと思います。ラランテス入りで1700チャレンジまで行けたやつですね。

ラランテス入りを使ってたということは、陽陰杯もこの時期……。


シーズン4 サボり


サボりというか、多分陽陰杯の編集に追われてた時期だと思います。いつもの何倍かの編集量でしたからね。ただ辛い・苦しいと思うことはなく、編集楽しいとは思っていたので何とかなったという感じですかね。

ただ、レートはサボり気味だったものの、

インターネット大会はしっかり参加しており、確かこの時期は…プリティプリマがあまかぢえりで1670、危機一髪がパンプキングで1726だったと思います。正直覚えてないので、時期はズレてると思いますね()


シーズン5 最高レート1700ちょっと


ラグラージナイトが解禁されてから、ゆっくりレートができる時期になったということで、ペリラグヤーティを使ってみることに。結果としては「なんとか」1700に乗せれたという感じでした。結構1600帯で苦戦してた記憶があります。まぁ大量発生していたバシャマンダに対して薄いヤーティを使っていた自分が悪いんですが。

あとはシャドースチールですね。この大会で、ついにアローラビギニングのレートを越えることができました(1739)。リザードンXYとゾロアークマーシャドー×2とミュウですね。リザードンXYZがしたかっただけでした。


シーズン6 シングル1802 ダブル1782

最終シーズンくらいガチでやろう…と思っていたものの、結局いつもくらいの対戦数。少なくないだけマシですがね。

ダブルはシーズン2のときの1737くらいのが最高レートだったので、一応更新できましたが、1800行きたかったですね…

シングルはバンドリ砂+ブルドヒマンダとガモス。

ダブルは影踏み1体の雨滅びを使ってました。

このシーズンは異教徒パを組めたんですよね…

ダブルに関しては、「テテフグロス」さえ大量発生してなければ悪くなかったと思います。調べたやつをほとんどそのまま使ったのですか、すごく手に馴染みました。テテフグロスさえいなければ…。

シングルはミミッキュを使いたい から始めたのに、気づいたらこうなりましたね…ミミッキュが弱いわけではないですが、ミミッキュだとか、6世代のガルーラのような、相性補完を考えにくいポケモンを使ったパーティを組むのは自分には向いてないかもしれないです。単純にパーティ組むのも苦手ですからね…。

インターネット大会は、メガランブルとかいうメガ進化できるポケモンのみ参加可能な大会でしたね。カウンターバンギで荒らして、1712まで行けたやつです。


総括

最高レートは微妙だが、インターネット大会は中々いい成績だったと思う。とはいえ1700で満足し続けるわけではなく、もっと上に行きたい。

シングルは1900、ダブル・インターネット大会は1800を目標にしていきたい。まずは100ずつ、一気に2000とは言わず、100ずつ上げていこうと思う。


…オフとかも参加したいですね…

サンムーンS6使用構築(シングル・ダブル) ---レートはお察し---

構築には割と自信があったものの、結局レートは上がらず。

最終シーズンということでとりあえず書きます。ちなみにレート自体はシングルは7世代の異教徒パの中では最高レート更新、ダブルは普通に最高レート更新と、自分の実力からすると悪いどころか健闘はしたという感じなんですけども・・・満足できるとは・・・。

 

※すごく簡単に書きます

 

[シングル]

バンギラス@岩Z

エッジ 炎パンチ 冷パンチ ステロ

 

意地Aぶっぱ岩Zでマンダを無理やり持っていくやつ。余りの努力値は正直気にしてないのでSでもHでもBでもいい気がした。炎パンはナットが重いので採用。ステロは欲しくなったのと、その前は地震を採用していたのだが、それよりはステロの方が必要と思い採用。冷パンは岩Zを透かされたり、威嚇が入っていない場面でのマンダへの安定打点。

 

ドリュウズ@風船

地震 雪崩 アイへ 剣舞

 

普通の砂かきドリュウズ。砂ターンが全く持って足りなかったので耐久振りのやつの方がよかったのかもしれない。意地っ張りのASぶっぱ

 

メガボーマンダ

捨て身 大文字 地震 竜舞

 

いわゆるバンドリマンダというやつですね。まともに使うのは初めてですが、正直このパーティの軸は砂ではないので・・・。

ナットとドラン意識の技構成になってます。正直相手のマンダが重たいので流星が欲しいと思ったり、羽休めが欲しい場面があったりしたので技構成はずっと悩んでましたね。

放射でなく大文字なのは威力が足りなかったからです。やんちゃのウツロイド抜きで少し耐久に回したやつなので・・・。

 

ウルガモス@炎Z

炎の舞 虫のさざめき めざ水 蝶舞

 

控えめCSぶっぱ。最初はサイキネ個体を使用していましたが、ドランをガモスで見たい場面が多く、とはいえ火ロトム(やバシャ)への打点がないと辛いということでめざ水の採用になりました。火力は1舞で無振りメガバシャが中乱数程度、大体の火ロトムドランが確定2発といった所です。

 

ドヒドイデ@黒いヘドロ

熱湯 黒い霧 自己再生 トーチカ

 

HBぶっぱかその辺の努力値振りやつ。まぁ特に言うことはないですね。普通のドヒドイデですし。

 

カプ・ブルル@残飯

ウッドホーン 岩石封じ 守る 宿り木

 

HDぶっぱ。いわゆるブルドヒってやつですね。もともとブルドヒ自体は使いたいなと思っていたのですが、

ミミッキュレヒレ使いたい→砂入れるとよさそう→レヒレよりマンダだなぁ→ブルドヒ入れて・・・ガモスか?

と割と自然に入ってきました。ブルドヒを使い始めたら割と早く1700まで行けたので、今シーズンはこれでいこうと思った次第です。悪くはなかったんですけどねぇ・・・。

 

ということで、「ブルドヒマンダ+バンドリウルガ」が今シーズンのシングルのパーティになります。努力値振りはほとんど説明してませんが、正直今回は何か意識したわけではないですからね・・・。ブルドヒ以外は適当だったりボックスにいたやつを連れてきただけだったりするので。

 

 

[ダブル]

ダブルのパーティは某人のかげふみ一体のみの雨滅びになります。トノグドラAペルゲンガーAベトンブルルですね。

 

ニョロトノ@バンジのみ

熱湯 滅び アンコール 守る

 

普通のニョロトノ。リザを見たら投げる。たまに雨選出をする

 

グドラ@水Z

濁流 冷ビ 金縛り 守る

 

原案はドロポンだが、濁流の方が信用しているので濁流にした。単体打点が欲しい時はZで打てるのでこれでいい気はしてる。

基本出さないが、テテフグロスとかは滅ぶのが厳しすぎるので投げてた。

 

Aペルシアン@悪Z

イカサマ 捨て台詞 ねこだまし 守る

 

かげふみ役一体で上手く滅びを通すためのポケモン。Sをちょっと削ってAに28振ることでイカサマZでゲンガーを落とせるようにした。これがいいのか悪いのかは諸説

 

メガゲンガー

シャドボ 金縛り 滅び 守る

 

このポケモンが通せれば勝てる。通せないと勝てない。

 

Aベトベトン@黒いヘドロ

毒づき 叩き のろい 守る

 

かがくのちからでかげふみになって滅びを成立させたり、ファーコートになって時間稼ぎをしたりする最強ポケ。プレミやらなんやらで滅びが通せなかった際に何回も救ってもらった。こいつ1体で相手のポケモン4匹持っていけたときもあったりと、正直やばかったですね・・・。

 

カプ・ブルル@グランドコート

ウッドホーン 金縛り 吠える 守る

 

原案の個体を用意するのが面倒だったので意地HA個体での採用。半分回復実も当時は持っていなかったのでグランドコートで代用。このグランドコートのおかげでベトベトンを通しやすくなったので、ここはこれでよかったと思う。意地個体だから火力が足りたという対戦も多かった。

 

 

とりあえず雑ですがこんな感じで。ウルトラサンムーンではもっと高レートまで行きたいですね・・・。

 

第二回とすT('0')/ハイ!の考察とか感想とか

f:id:shiromine_sora:20171017184748j:plain

 

 

自分のブロックのメンバーとパートナーズ

f:id:shiromine_sora:20171017183720j:plain

 

制限ポケモン一覧

 

f:id:shiromine_sora:20171017183808j:plain

 

今回は第二回身内('0')/ハイ!について、書きたくなったので書きたいことを書こうと思います。

 

[パートナーズの選択経緯]

まずは制限枠から…ではなく、1番最初に決めたのはメタゲームにおいて優秀そうなシルヴァディ。次に単純に信頼しているバンギ。雑に強そうなグロス。雨を警戒させられるラグラージ。この4匹まではすぐに決まった。ここから残り2匹だが、制限枠からはマンダバシャリザゲッコウガから、残りはゲンガーかガモスにしようというところまでは決まった。

結論としてはマンダゲンガーになったわけだが、これはガモスにした際に制限枠から取ろうとしてるやつのうち、何を取ってもステロが厳しそうなので候補外に。となると地面の一貫が厳しいのでマンダかリザ。この時点でメガ枠が多く、リザにメガ進化を回せなかった場合に非メガのリザを使いこなせる自信がなかったため、マンダに決まった。自由枠からドリュウズを持ってきたら「バンドリマンダ」の並びも完成しますし??

このようにしてメガ5のパートナーズが完成した。……正直こんなんで大丈夫か?とは思っていたが……。

 

1戦目 さふぁいあさん戦

まず一目見てゲンガーを切った。このせいでトリル戦術が頭から消え去ったのは自由枠的にはなんとも。

自由枠には格闘+岩通りがよいのでこの辺から。水ロトムが割と重たいので水弱点を取られるテラキオンではなく、チョッキで誤魔化せるローブシンの採用となった。ここはさふぁいあさんが自由枠にテラキオンを2回使われたことからも方向性としては間違ってなかったと思う。

じゃあ実際にローブシンを通すには?

→相手にはマンダと同速以下しかいないからマンダの脱出追い風を通そう!!

 

これを軸にしていくことになった。

残りは見せポケ用竜舞襷バンギ、とりあえず陽気にしてZ捨て台詞でブシンを回復できたらいいなという感じのシルヴァディ、割と通ってそうなメガグロスとセルフ雨メガラグ。

実際の対戦では割と重かったのにこれといった対策を取ってなかった水ロトムがおらず、ギガドリの形を取ってきていたため、ブシンが通る形となった。まぁ追い風してないんですが()

 

2戦目 テイルさん戦

ここ取れたらいけると思っていた重要なところかつ正直厳しそうと思っていたところ。「サンパワーヘルガーで全部倒せるじゃん?」と思ってしまったのでそこからは思考停止でヘルガーをどう通すかの考察に。対戦前日に、「この考え方は勝てないやつやろなぁ…」とか思っていた。

実際にスカーフランドに手も足も出ない形(対戦内容自体はそれ以前の問題だったが)となったので、もう少しヘルガー以外を通す可能性も考えておくべきだった。自由枠なので見せポケとしての圧力は大きいだろうと思うので、そこで誘って実際はマンダを出すとか。まぁ勝てる対戦ではなかったですね。今はともかく、あの時の自分だと10回やったら10回同じことして負けてたと思います。

 

今回切ったのはラグラージ。残りのメンツはスイクン意識の電気シルヴァディ、晴れ起点要員のバンギグロス、日本晴れ入りのHSゲンガーと普通の竜舞マンダ。

 

3戦目 パーセントさん戦

今回の対戦の中で1番考察した…というより悩まされた対戦。

雨を通そうとするとアシレーヌが重たい。それ以外はフェローチェと火ロトムがきつい。マンダハッサムも割と嫌だ。ニドキングどうしよう…こんな感じでした。

フェローチェの型に関しては雨意識のスカーフ(襷)かゲンガー意識のプレートなのかは分からなかったですね。どちらかかなぁとは思いましたが。

とりあえずこちらのボーマンダは切りました。ラグは雨の圧力、バンギはマンダ意識、ゲンガーはプレートじゃなければフェローチェをなんとかできるというのと格闘の一貫切り、グロスニドキングへの多少の圧力とめざ炎を採用することでハッサムの相手をすることができるため、切れなかったですね。というかそもそもマンダが通ってないです。舞うタイミング厳しそうですし、スカーフフェローチェ怖かったですし。

自由枠は、フェローチェニドキング対策をしつつ全体的に弱くないポケモンが欲しく、最初はドククラゲとなっていました。

ところが木曜辺りからヌオーとかいいんじゃないか…?となり過去作を漁ったところ、なんと夢ヌオーがいないという事実が判明(付かなくなった3DSのバンクに飲み込まれた)。じゃあ誰かからヌオーをもらうか、ドククラゲでいくかどうか悩んでいたところ、第3の選択肢「霊ロトム」に辿り着きました。

このポケモンニドキングの一貫を切れてアシレーヌに打点がありマンダを受けれてプレート以外のフェローチェに勝てる。プレート持ちの場合であっても消費させられる。あとはハッサムに鬼火が打てる と、実際刺さってるんですよね。これが他のフォルムであった場合、1番重要な「ニドキングフェローチェ」に対して強くないので、この発想が浮かんだ時には某氏( (⁰︻⁰) ☝)に感謝の気持ちが湧き上がってきました。ありがとう……。

 

実際の対戦ですが、実は「ヌオー」を採用するかどうかというルートを通ったことにより、自分のパーティにヌオーが割と通っていることが発覚。直前になってシルヴァディにめざ草を仕込むものの、相手の自由枠はサザンドラ。 自由枠出し負けの形にはなりますが、対戦の少し前に霊ロトムは通るだろうけど自由枠は出し負けるだろうなぁとは思っていました。雨ラグとゲンガー辺りが若干厳しそうでしたからね。サザンドラは想定内といえば想定内ではあります。まぁ初手に来るのは予想してなく、バンギと対面して何もできずに落とされたわけですが。それでも、ロトムが相手のマンダを落とす+フェローチェのプレートと消費させるという活躍を見せてくれたおかげで無事勝てました。まぁ最後、こちらのグロスがせっかちなのもあって中乱数くらいなんですけどね…。

 

今回のパーティはめざ炎メガグロス、マンダ意識の岩Zバンギ、ステロ欠伸ラグ、襷シルヴァディにもしかしたら通るかもしれないと思って採用した超Zゲンガー(催眠かサイキネ)です。

ボツ個体がドククラゲ、ゲンガーとバンギの技違いの個体、陽気めざ炎グロスと多めなのも、割と悩んだ証拠ですね。

 

4戦目 おもちさん戦

勝った方が抜けという状況。当初の予定ではここは捨てるつもり(つまり勝てる気がしてなかった)でした。テイルさん戦が痛かったんやなぁ…。仕方ないんですけど。

今回はバンギoutのチルタリスin。チルタリス入りにはチルタリスを通すのが自分の中での戦略の1つ。まぁ単純に通ってますからね。型はマリルリ意識のコットン。同族意識でSが落とさないので「能天気」での採用となりました。

 

ただし今回の対戦ではチルタリスはあくまで補完。今回通したかったのはゲンガーになります。ヘド爆・サイキネ・気合玉さえあればなんとかなると思ったんですよね。ただし素の気合玉に最初から頼るほどこの技を信頼してはいないので、グロスで重力して…という形になります。

 

残りのメンツはサザンドラ意識の妖精シルヴァディ(寂しがりめざ地面)、リンドカウンターラグ(ヌオーが怖くてミラコをどくどくにした。眠るは知らん)、普通の竜舞メガマンダになります。

 

実際の対戦ではチルタリスを通す形となり、バシャ対面でのプレミが仇となりそこから3タテという形になってしまいました。あの場面のコットンは一応守る読みではあったのですが、マンダ意識でめざ氷はあるはずなのでそれを考慮してないのは弱いですね。羽休めでPPを枯らしにいくのが正解でした(枯れるとは言ってない)。それかゲンガーを諦めてラグやシルヴァディを出しておくか。相手のラス1はチルタリスに弱いポケモンというのは動きでわかっていたので、バシャさえなんとかできていればという感じでしたね。

 

[まとめ]

2-2のブロック…3位?4位?オポネントは勝ってるけど直接対決は負けてるからどちらを優先するのかですね。

前回は全敗。今回は2勝(勝ってたら1位通過)と、1歩前進したかなと思う結果でした。というか楽しかったです。次回も参加したいですね。今度こそ予選抜けをですね…(ブロックに分けるのかわかりませんが)

反省点としては、「1つのルートに固執しない」ですね。パーセントさん戦も選出を決める直前でシルヴァディからロトムに変えましたから勝てましたし。

 

 

おまけ 前回大会のタイプ選択の意図

 

取ったタイプ 地面 飛行 水 草 岩 虫

 

このシーズン中(シーズン3)で使っていた、ペリナットサンダーランドバンギドランをベースにタイプを取りつつ、雨砂両方に派生させられるよう取りたいと思っていた。

 

地面 飛行…単純に強そうなやつ。地面はともかく、飛行は取れないと厳しいと思っていた

水…雨展開に必須やつ。

草…ナットレイ意識。時点でブルドヒの完成(なおこの時点では使ったことはなかった模様)。まぁアマカジとか使ってますし、そういう意味でも草は欲しかったかな(適当)

岩…絶対に取ろうと思ってはいたが、前の2ブロックで不人気なのが判明したので後の方で取ることに。正直4巡目で取るつもりだった。

虫…余り

 

結果としては バンドリマンダレヒレガモスナットみたいな砂やペリグドラ、トノスターorルンパの雨、更にはベースにしたパーティのドラン以外は再現可能と、正直思っていた通りに取れたと言っても過言ではない。くせにここから全敗するんだからほんと実力……。

陽陰杯4回戦 VSアインズさん 裏話

文体バラバラ!書きたいことをただ書きなぐる、裏話記事になります。

今回は最終戦、アインズさんとの対戦の話になりますね。

 

 

対戦内容自体は、初手トリルできなかったから何もできずに負けた感じですね。初手イトマルバンギだった時点でトリルは切ってたのと、相手がトリルパ前提でもあのメンツならトリルを通すと決めていたので、トリル自体をするか悩んだわけではないのですが、トリルのターン数の都合上、できるだけギリギリで起動したかったんですよね・・・。その結果があれです。応援してくれた方に・・・なにより、アマカジを楽しみにしてくれた方に申し訳ないです。せめて、アマカジが活躍するところだけでも見せたかったです。さらには怯まされましたし!?ダメ押しもいいところですね()

 

今回もパーティの詳しい説明は動画内ではしていませんでしたが・・・技構成と持ち物くらいは書いておきますかね。

 

アマカジ@エレキシード フェイント 甘える 輪唱 メロメロ

チェリムきあいのタスキ 見せポケなので省略

メガサーナイト ハイボ ショック 輪唱 トリル

ミミッキュ@霊Z シャドクロ じゃれ トリル 剣舞 

メガボーマンダ ハイボ 輪唱 放射 守る

コケコ@忘れた 10万 マジシャ 挑発 輪唱 

 

コケコの持ち物なんだったっけな・・・?電気Z・・・は2Z選出多発するから違うだろうし・・・もしかしたらコケコがタスキで、チェリムが違う持ち物だったかもしれないです。

こんな感じですねー。今回は対戦自体についてはそこまで話すことはないですね。では、それ以外のことについてでも・・・話しますか。

 

 ・動画時間・・・(白目)

→3戦も収録してたらそりゃそーなりますよ。ちなみに最初は68分とか言われました()試しにそれで投稿してみたところ、さすがに画質が・・・。とはいえその時は若干諦めてましたが、なんとか61分を超えなくてよかったです(長すぎだろ)

 

・ボーナス5の時の選出

アマカジストなのでアマカジ・ツボツボがいないと話にならないのでツボツボ・ラス1はアンノーンを見せたかったのでアンノーン。まぁあのアンノーンなら、出すしかないですよね・・・。

ちなみにめざパは確か草です。

 

・OPは?

→尺的に無理・・・というのもありますが、元々4戦目には付けるつもりはありませんでした。代わりと言っては何ですが、今回は3戦あるので、冒頭にタイトル画面・・・みたいなものを付けてみました。段々編集力が上がってる気がする(気のせい)

 

 ・アインズさんとの交流

→今回の対戦以前に1度某氏生誕記念仲間大会の時に当たっていて、その時はか↑ち↓ま↑し→た↑ なので現在は、2勝2敗ですね。シングル2回、ダブル1回、ローテ1回になってます。これはトリプルをやる流れ・・・?

あとは、対戦が決まってからは一気に(ツイッター上で)話す機会が増えましたね・・・いや~楽しい()まぁこちらから話しかけることはあまりないんですけど()性格的な問題なので、絡まれる、話しかけられる分には何ら問題はないですけどね。

 

・ダブル以外のおまけ()2戦はアインズさんの提案。いや、そりゃあこちらから話しかけることがそこまでない(というか性格的にできない)のにこちらから提案なんてできるわけないですからね。こういうのを突っ込んでくるあたりさすがはアインズさんという感じですし、それを普通に了承するあたりさすがは白峰って感じでしょうか?

 

・唐突に、自然な?ロジカル語法

→一応論者ですからね。論じたり論じなかったりしますからね

 

・赤字コメ

f:id:shiromine_sora:20170826154219j:plain

 ・・・思ってた以上の反応で嬉しいです。そんなにアマカジを出して欲しかったんですか?ここまで求められるとは思ってなかったんですが・・・。

 

・あまかぢえり偽装について

→いつもの晴れアマカジではなく、輪唱を通すと決めた時点でチェリムはいらなかったわけですが、見せポケとして持ってきたのは、動画映えが半分、アインズさんがあまかぢえりを知っているからというのが半分です。型バレがしているかそうでないかでは結構違いが出てきますからね。

 

・輪唱パ

→今回で初めて使いました。またアマカジで学んだことが増えてしまった・・・。

(晴れ・セルフ天候・フェイント・ダブルの積み技・new!輪唱)

ダブルだとそこまでの種類の構築を使っているわけではないので、まだまだ使っていない構築というのはあるわけですが、アマカジが起点となって使い始めたことがそれなりに多いですね・・・。

ちなみにこういう場で使ったことのない構築を持っていくのに抵抗はありません。自分はそういう人間です。なんならメガサナもまともに使ったことはありませんし。

 

・ダメ押しの検証

→個体を持っていなかったのでダメ押しを遺伝したバンギを厳選、育成して検証しました。なるべく同じ状況にしたかったので、竜舞ダメ押しバンギの育成をした感じですね。

 

・エレキシードアマカジについて

→正直輝石でいいのでは?()まぁここの枠は、今回は先制の爪にしたくなくて、何かないかと考えた結果ですね。でも輝石でry

まぁ特殊技飛んできませんでしたし・・・()

 

アマカジだけ公式絵

アマカジだけは目立つように(?)他と違う絵にしました(保存してきてないだけですけど)

 

・立ち絵ポケモン最強VS最弱

→ダークルギアVSアマカジですからね。アマカジが最弱か?と言われると微妙・・・と思われる人もいるかもしれないですが、立ち絵にいる進化前ポケモンは、グレッグルクルミルアマカジ なんですよ。毒と虫と草ですよ?アマカジが勝てるわけないじゃないですか(白目)それに覚える技的にもアマカジが一番使いにくそうですからね・・・間違いなく最弱だと思います。

まぁ・・・ネプギアが強いので・・・ね?()

 

・今回の守るは見せポケに仕込んであるだけですね。相変わらず採用しないなこいつは・・・。ガルドに影打ちがなかったということはあの場面で守れたらワンチャンあったということですからね。いい加減範囲よりも守るを採用してくれないんですかね・・・欲しいって言ってんだろ()

 

 

・OPとEDの選曲

→OPは、ニコ生でSAOの1期2期一挙放送があったあとに考え始めたのでその影響です(その時に初めて見た)。その時からは結構経ってますがね・・・。

EDはどうしてもこれにしたかったので・・・。たしか、カスタムメイド3Dの曲・・・でしたっけ?そこからではなく、別のところから知ったんですよね・・・。

※雰囲気が重たいのでそういうのに耐性がない人はお控えください

↑ここから知りました

ちょうど陰リーグでしたし、他に使いたい曲がなかったかといわれるとそうではないですが、これよりも使いたい曲はなかったですね。

 

・ローテ ガブリアスの枠

→前の時もガブでした。まぁ適当にとはいえある程度の補完は考えてはいましたからね・・・。というかローテはあれが一番自信がある・・・かは微妙ですが、あれが一番気に入っています。ローテ雨の弱点である、「ニョロトノのお荷物感」を解消した、中々よさそうなパーティだと思うんですよね・・・。重力があるとなおよし。まぁグドラではなくアローに耐性のあるオムスターでもいいのかもしれないですね。

 

・珠ダメ

→覚えましょうねーってやつです。コメントにあった通り、1/10ですね。定数ダメは把握しなきゃですよね・・・。

ちなみに他だと、拘束ダメや、ゴツメダメが怪しいのと、ステロダメがとっさには出てこないです(一応4倍時に半分入ることから逆算はできる)

 

 こんな感じですかね。相手視点の感想にでも・・・入りますかね。

まずは・・・いつも字幕編集ミスありがとうございます!!!()今回はどこがミスってるのかと楽しみにしてました!!()

名前にアマカジって付いてるから気になったとかの話は、時期が、「四女神オンライン」発売時だったので、多分@四アマカジオンラインって付けてたところからですね。そういえばそうだったな・・・。アインズさんも進化前を使うから仲間を見つけた感じだったんでしょうか・・・?()あれは「アマカジ」って書いて「女神」って読ませるんですよ?知ってましたか??(適当)

無茶苦茶な提案を喜んで受けていただける程度には愉快な方と言われて、「まぁたしかにそうか・・・」と納得する辺りはアレな気はしますが、まぁそういう人ですね。だって面白そうじゃないですか!?「自由気ままに」がモットーですからね!!!あ、でも自分が提案することは一切ないです。

 あとは・・・陽陰杯の参加者には5人トリプルをそれなり(以上)にやったことがある人がいるのですが、そのうちアインズさんを除いて4人・・・のうち3人と当たるとかどんなトーナメント運してるんですかね。正直笑いますよね。

えっと、天候に関しては、「組みやすいから」って言うのが一番の理由ですかね。天候なしとかも使ったりしますけどね。ただ今大会では天候パを使う可能性がある人達としか当たってこなかったのでそうなった感じです。なのでアインズさん相手には用意してないですし?(チェリムは見せポケ)

あと、突っ込まれて気づきましたけど、妖3・草2の特殊4・物理1・アマカジ1なんですね。・・・自分のパーティとは思えないほどバランス悪いですね()

 

さてと・・・こんなところでしょうか?・・・意外と書かなかったな・・・。

4戦目はほんとに楽しかったです。雨も使えましたし!?

まぁダブルは雨でなくてもどうにでもなりますけど、ローテは雨パが9割ですからね。まぁ色々考えてるので、多分今だと・・・5割くらいでしょうか。

 

ということで、白峰宇宙の陽陰杯、いかがでしたか?おそらく驚かれた人が多いと思うんですよね。まず、大会に参加という点、次に、急に霰パを使いだす点・・・あとは・・・予想できませんが。

またこのような機会があったらいいな~と思いつつ、通常運転に戻ります。

 

というわけで、白峰宇宙の陽陰杯、結果は10位(陰リーグ2位)でした。応援してくださった方、見てくださった方、立ち絵を、応援イラストを描いてくださった方、ありがとうございました。とりあえず次回作発売前までは、アマカジ入りでレート1700を目指し「つつ」頑張っていこうと思います!

 

 

 ・・・あ、自分視点のエキシビションマッチは誘われてないのでないです。こちらから誘うような行動力はないですし。落ち着いたらローテやる、とはなすさんと話しましたけど・・・。

 

 

新規育成

2戦目 ノオー×2・リザ・ガルーラ・シルヴァディ

4戦目 サナ・マンダ・シャンデラ

・・・2戦目が多かっただけで、そんなに育成してないんですね・・・

メガ進化:3回

3戦目だけしてませんが、出番がなかっただけで選出はしてましたね。

Z技:1回

あ、あれ?7世代ですよね・・・?

い、いや、毎回パーティには入れてるんですよ?選出自体は3回してますし。Z技自体は2回打たれ・・・そもそもZ技自体を3回しか見てないんですね・・・。4戦したのに。

使用ポケモン(おまけ戦除く)

2回:ノオー・リザ(両方Y)・コケコ・ガル(メガ1、通常1)・ドラン・ランド(両方霊獣)

1回:アマカジチェリム・サナ・マンダ・ミミッキュフリーザー・シルヴァディ・バンギ・ボルト(化身)・テテフ・レヒレ・サンドパン(アローラ)

 

陽陰杯3回戦 VS黒兎さん 裏話

毎回恒例!文体バラバラの雑裏話記事に、なりま~す。

 

 

 

 

3戦目は黒兎さんですね。東北きりたんタグが今回はなかったですね・・・。

 

今回は正直言うとあんまり書くことないです()ですが書きたいので書きます。

白黒対決とのことですが、自分がそれに気づいたのは告知ツイートをする少し前です。正直言って全く気にしていなかったので、対戦相手紹介の時に触れることもできず・・・相手のパーティが「ピンク統一」というのは触れられましたが、「アマカジ意識」なのは相手視点を見てから気づきました。アマカジスト失格かぁ??()

 

・・・まぁそんな冗談はさておき、対戦内容の方に触れていきますか?いや、それ裏話ではないやん?とか言われてそうですが、今更だからいいんですよ、うん。

まーた初手出し勝ちって相手に言われたんですけど、何でですか??いや、1戦目はそうだったのでいいんですけど、2,3戦目はそう思ってないんだよなぁ・・・なんでなんですかね?一応こちら有利に運べていたと思うのですが・・・。

タブンネが集中攻撃を耐えた件ですが、結果的には耐えてくれて助かったかなと思ってます。理由としては、タブンネが耐えなければドランが出る前にピクシーが出てきてしまう上に、「小さくなるの運ゲーを仕掛けるしかない」と思われてしまうからですね。そうなった方がこちらとしては不利になっていたのかなと思います。結果として相手がやりたいことを通せたので、小さくなるかコスモパワーか悩ませることができ、運ゲーを仕掛けられることなく突破することができたので、難なく勝てたといった内容になりました。まぁそれでも小さくなるをされる可能性というのもあったわけで、その場合は当てないといけなかったわけですけどね・・・。ほんとサイコフィールドとかいうやつは・・・霊獣ボルトに挑発の方がよかったですね、結果論ですが。

 

持って行った構築について話しますか。今回は動画内であまり触れてませんし。今回の構築は通常回のダブルの構築ベース(結果的にですが)のリザバンギスタンになります。天候が来てもいいような対応力のあるパーティって感じですね。

霊ランド@地面Z AS 1戦目と同じ技

化ボルト@オボン CS 10万 めざ氷 挑発 電磁波

テテフ@スカーフ CS サイキネ ムンフォ シャドボ 10万

ドラン@1戦目のやつ

バンギ@岩Z HA 雪崩 噛み砕く けたぐり 守る

リザY@2戦目のやつ(技は違う) 放射 熱風 ソラビ 守る

 

ランドがスカーフでないのはテテフに持たせたかったというのと、いつもとは違う型にしたかったからですね。試運転してるときにスカーフ感覚で投げそうになることが多発したので、やっぱりスカーフ以外で使うのは厳しいと思いました。

ドランは変えてないですが、こいつも変えてみてもいいかもですね。いつもとダメージ感覚が違うから使えんってことはないと思いますし。

 

今回はこんな感じですかね。あとは・・・テテフ放置についてくらいですか?とはいえ、タブンネのトリルを知ってて、トリルが重たいとなればそうなりますよね?トリル後の放置についてはトリル下であればいつでも倒せますし。あとはエスパーの一貫がなかったおかげで余計に放置しやすかったですね。もちろん、テテフ放置するかは悩みましたけども。強力なポケモンですからね。

 

ではあとはいつもの箇条書きのやつでも。

・(3戦目時点で)黒兎さんにだけ「アマカジ警戒してたのに・・・」みたいなことを言われなかった

 

・ボイスロイド云々の下りはなんかふざけないとなと思った結果

 

・回数を重ねるにつれて緊張しなくなってきてるせいで茶番し始めるし実況はしなくなるしでいいこと・・なくないか?茶番が面白ければ、まぁ・・・。

 

・毎回初手の思考時間が長い割には2手目以降はそこまで考えてない

 

・OPのイラストは「応援イラストを描きました!!」と言った感じでもらいました。とてつもなく嬉しいです。OPについてはもともとは1戦目から付けようとは思ってましたが、構想案が浮かばず、3戦目にしてようやく間に合った感じになります。ラティオスの流星群+ダブルっぽい場面 というところまでは思い浮かんではいたのですが、そこから先で詰んでたんですよね・・・。

その時に応援イラストをいただき、構想案を練っていたところ、「これならいけるのでは!?」と、「OPの素材としては使いにくそうなイラスト」と描いた本人に言われたイラストを使う案が浮かびました。

あとはネプギアに頼る形になりました。応援イラスト前も場面はいいと思うのですが、後のは少し誤魔化した感じが・・・なくないですか?

とはいえ、飛行Z以降はめっちゃ気に入ってます。上手く作れたと思いませんか!?もっと褒めてくれてもいいんですよ!!?

(技術的なのは急には身につかないので、高度なことをするのは無理でした)

 

とりあえずこのくらいですかね。

あとは相手視点の話を少し

 

・・・まーたアマカジについてコメントされてるんですけど!?()

 

あ、あと自分も黒兎さんも、WCSは某氏の枠で見てたらしいです。自分は某氏の枠が終わったらそのまま力尽きちゃいましたけどね。

 

さて、次回の対戦相手は、雪風希空さんか、アインズさんか。どちらが来ても面白そうな対戦になりそう・・ですかね。

雪風さんと言えばペリグドラ。対するこちらはトノグドラ。そんな対決が期待されそうです。まぁ参加者で集まった時に、「雨パは使いません」って言ったんですけど、その場に雪風さんはいませんでしたし・・・まぁ主催に、「毒統一の人は毒統一でいくらしいですよ」と言われていたのと同じ感じでもしかしたら伝わってるかもですが、一体何を持っていくのやら。

アインズさんと言えば今大会ではギミックの人。ギミック相手にギミックをぶつけても面白いかどうかは微妙なので、こちらはそうではない別の面白そうな感じになりますかね。具体的に何を求められているかは雪風さん相手と違って全く予想ができませんが、「雨パ対決が見たい」のに負けないくらいこちらも期待されてる・・・んですかね。よくわからないです。

 

こんな感じですか?正直、どちらが来ても面白そうですし、期待もされてそうですし、白峰宇宙は、視聴者の過度な期待を裏切りません。現にここまで来ましたし。まぁ時には期待を裏切ることもありますが。

とにかく、どちらがきても、面白いと思ってもらえるよう頑張ります。ではでは~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※他者視点ネタバレ

なすだっくさんと自分の2戦目との状況が似てるな~と思いました。

1.2戦2敗のリベンジマッチ(まぁこちらは厳密には1敗ですが)

2.その場面で霰パの採用(一応どちらも晴れ要素あり)

3.相手のパーティの原案が同じ(こちら側は原案そのまま)

 

なすさんはそう思っていたのだろうか、それともそうでないのかは知らないです。見ていて、「なんか似てるな・・・?」と思ったので触れずにはいられなかった次第です。

陽陰杯2回戦 VSサムライさん 裏話

※軽い気持ちで書いているので文体バラバラです。しっかりした記事ではないので「あえて」崩してます。ご了承ください。気にしないとは思いますが。

 

 

陽陰杯2戦目、サムライさん戦の裏話になります。「アマカジ野郎」呼びでお馴染みのサムライさんですね。「アマカジ野郎」が定着しそうな勢いで連呼してましたね・・・あれめっちゃ好きです()

 

まず最初にひとつ。

 

気合い玉が当たってほんとによかった・・・

 

・・・さて、サムライさん戦が決まった時の話からしますが、「またか・・・」って言うのが正直なところですね。しかもこの対戦後にまた対戦してますし。しかも相手のパーティそのままでこちらはあまかぢえりでしたし・・・サムライさん側としては、大会で当たらなかったけど結局対戦はできたから本望って感じなんですかね?

そんな何かと因縁のあるサムライさん相手になりますが、持って行ったパーティは、めちゃくちゃ警戒されていた「あまかぢえり」ではなく、「白峰式ダブル用スノー晴れーション」になります(それっぽいことを言いたかっただけ感半端ない)。完全な天候メタですね。詳しいことは「今回は」動画内で話したので割愛します。聞きたいことがあったらどこかで聞いてください。答えます。
今回の勝因は気合い玉の採用→命中 と最後の方でトリルも追い風もされなかったことですね。霰を打つターンが絶対に違ったと思いますが、あの場面での正解択って何ですか?(少なくとも霰ではない)

それ以外は順当って感じですかね。1点だけ言うのであれば、気合い玉打ったターンにリザが行動すること自体が想定外みたいなことをサムライさんが言ってましたが、こちらとしては、リザYがバンギにソラビ以外の有効打があることはほとんどなく、その上ボルトで処理しに行かなくてもバンギでどうにでもなるので、リザがバンギへの有効打を持っているこちら視点からしてみればあの場面は動かす1択ですね。まぁ守るがないだとか、裏がサンドパンだから引けないだとかであの選択肢しか取れないとも言えますが()ロヒトさん戦での教訓として、「自分の読みを信じる」と決めたので、ちゃんと動かしました。

あ、リザの気合い玉は自分も警戒しないですし、警戒する人はいないと思います。理由は気合い玉の命中不安のせいと、そんな技スぺがないからですね。

 

さて、対戦内容についてはこのくらいにしておいて、それ以外の話に移りましょうか。

 

・サムライさんの使用したパーティはレート2000越えの人のパーティそのままだったらしいし、実際サムライさんが使って1900には到達できた

 

 

 

 

 

→こちらのパーティは最低レートが1390になります!!(前に1300台わこつツイートしたときのパーティがこれだった)よく勝てたな・・・って感じですね・・・(対戦前に試運転しているときは勝率5割ちょっとだった)

きりりさんが「レート500差」と言っていましたが、こちらも大体500差ですねっ!まぁ自分の最高レートは1700ちょっとなのでそれとはまた話が違いますが。

 

 

 

 

 

f:id:shiromine_sora:20170813002000j:plain

 

・サムライさんもレート1900越えの人(対戦後に達成)なので、1900越えの人と2連戦

→自分付近の人らの実力おかしくないですか!?場違い感半端ないんですけど!!?

なお左側は左側で混沌としている模様。

 

・過去2戦のサムライさん戦について

→サムライさんと陽陰杯で当たると決定してから対戦してます。2戦目は対戦後ですが・・・。「前哨戦かな?」って思いながら対戦してました(どっちも枠取ってるときだったのでそういうのがバレないかなどの不安があったりもした)

 

・シーズン1のダブルレートできりりさんと遭遇?

→きりりさんのSMのダブル1本目の1戦目に出てました。確かパッチールのトリルを知っていた・・・というか少し前に見たくせに性懲りもなく警戒しなかったんですよね。ちなみにこの時のこちら視点ですが、生放送してました。あの時はまだシングル寄りだったので、(格上とか、ダブルに詳しい人だとか言われてましたが)シングル勢VSシングル勢のダブルバトル という構図になってますね!!!()ルール間違ってないか?

 

・学年2位とは?

→事実ですwただ別にそこまで頭がいいというわけではない・・・というより、普段はさぼり気味(最低限をこなすくらい)だったのが本気を出せばこの程度余裕なんだよなぁ!?って感じですね。いや、さすがに余裕じゃないですけど()

 

・王冠使えよコメについて

→対戦4.5日前に構築案が完成。3日前にシルヴァディの厳選を開始。その後ノオーの成長の遺伝し直し(6V厳選のはず)、そこから試運転からの再調整。勝ちたかったがゆえに調整に時間がかかったので100レベルにするのは諦めました。まぁ問題ないからいいんですよ、あの数値でも理想値と言えば理想値ですし(努力値計算はめんどくさかったですw)

 

・「がんばれー」系列のコメント

→応援されてるというのが分かるのもあってめっちゃうれしいです!

応援してる人はみんなそんな感じのコメントをくれって感じだ()

 

・それだけアマカジが弱いと思ってるのか・・・(コメント)

→強いか???

 

・リザの気合い玉について(対戦に関係あるじゃないですか・・・)

→ほんとにあんな感じです。候補としては守る・ソラビがありましたが、技一覧を眺めていたら気合い玉の文字が目に入って、「ノオーいるから草技警戒はされそうだし、ソラビいらないのでは・・・?もしかしたら気合い玉が必要になるかもしれない・・・」って思って採用しました。打ちたくはなかったんですけど、まさかほんとに打つ羽目になるとは・・・。ダブルでリザの気合い玉とか初めて採用しました()

 

・地面Zでないのでノオー刺さってない

→そうか?成長積む前提なら悪くないと思いますけど??ただ、どのタイミングで積むの?って話ではあるので、そういう意味ではあんまり刺さってないかなって感じではありますね。

 

・今回の対戦で初めて使ったもの

→リザの気合い玉・非メガガルーラ・成長ノオー・爆発しないシルヴァディ・スノー晴れーション

今回はいつも使ってる感じの要素は・・・コケコくらいですかね。正直あまかぢえりと同じくらい「ふざけたパーティ」になってると思います(草タイプ入り+晴れ要素ありな点は同じですし?)。内容がやばすぎる。見た目だけなら変なパーティって感じはしないんですけどね。

 

・スノー晴れーションの構築経緯

雨対策したい→今回もノオーかな→でも天候でない可能性もあるしなぁ→天候でなかったらただただ通せるし、スノー晴れーションとかいう伝説の構築でいいのでは!?→偽装するためにサンドパンだな→晴れ役はリザでいいか→そうするとノオーがメガ進化できないから霰役を作らなきゃいけないのか・・・2匹いればいいかな→シルヴァディは中々よさそう→あと1匹・・・猫打てて耐久もあるし、ガルーラありでは!?→コケコで補完して、完成っ!!

まぁ偽装は意味をなしてなかった気はしますけどね・・・そもそもサムライさんは「スノー晴れーション」なる構築を知っているのだろうか?一応あの人シングルもやってましたけど・・・(選出してない上に感想戦でネタ晴らしをしたわけでもないので気づかれていない可能性もそこそこある)

ちなみにセルフ天候を躊躇なく採用できるのは「あまかぢえり」のおかげです()

 

・頭おかしい構築()使ってるくせにプレイングは相変わらず(?)きれい?だからロヒトさんってほんとに強いなって思いました(小並感) ノオー出したかった・・・。

 

・1戦目で「普段レートで使うような構築」って言ってたのは何だったんですか?普段からスノー晴れーション使ってるんですか??

→いつから普段から使っているような構築を使うと錯覚していた?

ここは、ロヒトさん戦を踏まえて、ですね。ロヒトさんがランドドランの型を読んでいた(いつものを連れて行ったからですけど)のを聞いたので、そこを意識しつつ、いつもとは違う構築を持っていけたら・・・と思っているので、「普段レートで使うような構築」なんてものは避けます(使わないとは言わない)。これがあるから余計にリザの気合い玉が選択肢に上がったのはありますかね・・・。

 

・対戦相手の立ち絵にレヒレがいるから実質「アマカジストVSアマカジアンチ」(レヒレになんの恨みが・・・っていうのは、役割論理仕様レヒレを自分が「全く」使えないから・・・ですかね)

 

・あまかぢえりを使う気はなかったんですか?

→読まれる以前に思いっきり型バレしている構築を使うつもりはないので動画にした時点で選択肢から切ってました。こういう考えをしているからいつものパーティは若干避けてるのが自分になります。

 

・緊張が薄れているので喋る量が減りました()ロヒトさん戦に比べて明らかに喋ってない(対戦中) 

 

・サムライさん戦の裏話なのに何回「ロヒトさん」って言うつもりだ(裏話関係ない)

→それだけあの対戦で得たもの、学んだことが多かったってことです。ほんとにあの対戦はいい勉強になりました。 

 

・気合い玉を当てたときに「はい強いっ!!」って言えなかったのはこの対戦での最大のプレミ。せっかくいうタイミングが来たのに・・・。(なのでコメントで補完してくれるとうれしいんだけどなぁ・・・ちらっ)

 

・前回も今回も相手の選出ちゃんと読めてるのに反応がないのはなんか悲しい。(その割には今回も前回も相手視点で有利対面とか言われてますけど・・・いや、前回はその通りなのでいいんですけどね。今回も想定していた対面ではあるのにこちら有利とは言い難いですし・・・ほんとに読んでるのか?)

 

・・・なんかコメント返信みたいになってるな・・・。まぁここで返したからコメント返信はしました!っていう気はないです。

さて、サムライさん視点の話でも。まず前提として、「アマカジ野郎」という単語だけで笑うようになってしまったので、opの「かかってこいよアマカジ野郎 ってな」で笑いましたwww

あとはさすがサムライさんって感じですかね。個人的には大会参加者の中で一番好感度が上がりました。サムライさんのファンになります()

ああいういじり方は大歓迎ですよ??

あ、アマカジ野郎呼ばわりは「アマカジ野郎呼び好き」だとか言ってる時点で気にしてないどころか推奨してるまでありますねwww他の人に呼ばれるのはなんか違う気はしなくもないですが、どうなんだろうか・・・。

ちなみにあまかぢえりじゃなかったら智絵里が脱ぐとかなんだとか言ってますが、もちろんそんなことはないです。サムライさんだって負けたってことはそういうことですし?そうですよね???

いや、まぁ自分じゃ描けないのでそもそもあれですけど・・・()ほんとにやるならあれですね、背中向けて振り向いてる感じか、座り込んで、アマカジを抱えて隠してる感じがいいです(そういう感じになるなら無理やりだろうし、涙目・・・かな?)誰か描いてください()

 

とまぁ今回はこのくらいですかね?あとは・・・もし何かあったら更新するかもですけど・・・ないかな。

裏話というか感想に近い気はしますが、感想だって裏話みたいなものですし??(そうか?)

次回の対戦相手は、黒兎さんかチームのすけさんか・・・ということで、隠すまでもないですね、黒兎さんです。

果たして次回もアマカジには触れられるのだろうか・・・

そして、勝ったら陰リーグ決勝戦・・・どうなることやら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ちなみに、「あまかじ ちぇりー めりー」だとか「あまかぢえり」だとか言ってますが、白峰自身は水元ゆかりPです。智絵里ちゃんに関しては動画を上げるまでは全く関係なかった(TLに流れてくるくらい)です。今はさすがにそんなことないですけど。